消費者金融審査

ヤミ金融を見極める

貸金業登録をしていない業者をヤミ金融と呼称しますが、彼らは多重債務者の名簿を非合法で入手し、郵便物やメールなどでDMを送ってきます。DMには、「ブラックOK」「審査の甘い消費者金融」といった甘い言葉を並べて、多重債務者からの申し込みを誘います。

しかし彼らの実態は、自分たちでは融資をせずに、他の金融会社を紹介して多額の紹介料をせしめる紹介屋であることが多いのです。ではなぜ多重債務者を食い物にするか?ということですが、金融会社にとって利子だけを延々と支払い続ける多重債務者ほど優良顧客はいないからです。

すぐに元金を払ってしまうようなお客は彼らにとって優良客とはいえません。ただ、多重債務者にとっても、他の消費者金融からの借り入れが不可能なことから、ヤミ金融業者と多重債務者は相思相愛の関係といっても過言ではありませんが、利子だけを何年も払い続けるという行為はとても健全な生活とはいえないでしょう。ただヤミ金業者に利益を供与しているだけです。

国民政策金融公庫

貸金業登録番号

ヤミ業者かどうかを見極める方法としては、第一に貸金業登録をしているか否です。もしも登録をしていれば、必ず宣伝チラシのところに貸金業登録番号が記載しています。これは法律で決まられたことで、貸金業者は必ず登録番号を記載することになっています。

そして、その番号の最初の桁が(1)の場合は、まだ登録をして三年未満の新しい業者ということです。三年毎の更新の際に、その番号は増えていくことになります。よって、悪質な業者は貸金業の更新出来ないことから、もしも融資を申し込むのであれば、更新番号が(2)以上の業者を選択されるとよいでしょう。

ヤミ金融業者である確率は低くなります。ただ、中には貸金業登録をしているにもかかわらず、上限金利を超える違法金利を貪っているヤミ金融も存在しますので、借り入れの際には契約書にしっかり目を通すことが肝要です。